増築したい!

川崎にもつ一戸建てを増築したい!

川崎市内に一戸建てをお持ちの方で、その家を増築したいと考えてる方もおられるかもしれません。

家を増築するといえばとても簡単なことのようですが、実際にはそう単純なものではありません。

実際に増築するとなれば、いろいろと決めておかなければならないことがあります。
例えば、増築をどこに業者に依頼するかという問題です。これはとてもデリケートな問題であるといえます。

なぜなら、どこの業者に施工を依頼するかによって、希望通りのリフォームができるかどうかが決まってしまうからです。技術と経験のある業者に依頼することができれば、希望通りの仕上りになるでしょう。

しかしその逆で技術のない業者に依頼してしまうと、決して希望通りには仕上がりません。

この点を踏まえながら、業者選びは慎重に行うようにしましょう。例えば、川崎市内の工務店のどこかに依頼すればいいと簡単に考えるかもしれません。
川崎市内にもいろいろな工務店があると思いますから、それ自体は別に問題はないのですが、問題は工務店にもいろいろなところがあるということです。
そして業者ごとに特徴や技術、経験、得意分野と不得意分野があり、どこに依頼しても同じ仕上りになるわけじゃないですし、頼んでもできることとできないことがあったりもします。

ならば、最初に一戸建ての建築を依頼した業者に頼めばいいのかというと、話はそう簡単ではありません。

今回お願いする増築の内容については、前の業者では対応しきれないということがあるからです。特に、こだわりをもったリフォームを行う場合、それなりに特殊な技術が求められることもありますが、そうした技術に対応することができなければ依頼しても引き受けてもらえません。

さて、こうしたことを考えていくと、一戸建てのリフォームを行うときは、まず最初に住む本人達がどんなリフォームをしたいのかをはっきりさせておくことが必要になります。

今の一戸建ての状態を丸っきり違うものに変化させるようなリフォームを行うのか、それとも今のスキームを維持しながらプチ変化させるようなリフォームを行うのかなど、コンセプトを明確にしておくことです。

そうしておけば、この一戸建てのリフォームを行うのにどこの業者に依頼するのがふさわしいのか、それがはっきり見えてくるようになります。
もちろん、業者に足元を見られないように、費用相場をリサーチしておくことも忘れないようにしましょう。

ゴミ置き場について

川崎市の一戸建てと住宅地のゴミ置き場について

川崎市の中で一戸建ての住宅を購入したり、注文住宅で一戸建て住宅を作る場合など、生活環境を事前に確認しておくことは大切なことです。
通勤や通学をされている人にとって、最寄り駅からの距離と言うのはとても大切な要素の1つですので、駅まで歩いて何分かかるのかなどを事前に調べておくことは大切です。

また、川崎市には多数の路線が有りますので、目的地に到達する路線はどれを利用すれば便利なのかと言う事も調べておくことが大切ですし、住宅のある環境の中に自然がどれだけあるのかなどをも調べておくことで公園が近くに在れば子供を遊ばせてあげられたり、緊急時の避難場所が近いなどを事前に知る事も出来るわけです。

他のエリアから川崎市に引越しをして来た場合などでは、その地域のルールを守ることが大切です。例えば、ゴミと言うのは各自治体毎に回収の方法や回収を行う曜日が異なります。

川崎市には7つの行政区が有るのですが、行政区が異なる事で回収日や回収方法、そして回収できる品目などに違いがあるため、引越しをした後でも良いので、確認をした上でゴミ置き場にゴミを出すようにすることが大切なのです。因みに、一戸建て住宅のゴミ置き場と言うのは、マンションなどとは異なり、それぞれの一戸建て住宅で定められた場所にゴミを出す事になっています。

例えば、購入した家の目の前などにゴミ置き場が有っても、自分の家の回収場所が異なる場合などでは、近いからと言ってそこに出す事でトラブルが起きることもあるのです。家の前の前にゴミを出す場所が有れば誰もがそこにゴミを出したいと感じるものですが、その地域のルールを守ることが大切です。

これはマンションと一戸建て住宅の大きな違いでもあるわけです。

尚、ゴミ置き場と言うのは、家の目の前などにあれば夏場は悪臭が漂う原因になりますので、家を購入する時などは何処に回収場所が有るのかを確認しておくと安心です。最近は、ゴミを回収する場所にはカラスなどの鳥が集まり、ゴミを散らかす事が多くなっており、各自治体ではカラスよけの網を設置したりしている所も多くありますし、中には網カゴを利用してカラスがゴミを散らかさないような工夫を行っている所も多くなっています。

特に生ゴミなどはカラスの餌として狙われやすいものであり、ゴミを出す場合には当日の朝に出す事が大切で、前の日にゴミ置き場にゴミを出すということをしないようにすることは地域だけではなく生活におけるルールでもあるのです。

屋根の塗装工事

川崎の一戸建ての屋根の塗装工事

一戸建てと言うのは、税金やメンテナンスなど何かとお金がかかるものです。

しかし、税金はともかくとして、メンテナンスと言うのは一戸建て住宅を長く使う上ではとても重要な事であり、メンテナンスを行う事で長持ちしてくれるのです。

国内における一戸建て住宅などの建築物の寿命と言うのは50年や60年と言われているのですが、この寿命はきちんとメンテナンスを行った場合の話であり、メンテナンスを行わなければ寿命は短くなってしまうのです。 尚、川崎に在る一戸建て住宅のメンテナンスを依頼する場合は、川崎市などのエリアを対象にしている工務店などにお願いをする事になります。

川崎市と言っても行政区は多数ありますので、一戸建てのメンテナンスを可能にしている行政区と住まいがある行政区が一致している事が条件となります。

一般的に川崎市が対象エリアとなっている場合は、市の中であれば全てのエリアが対象となりますが、確認をしておくと安心なのです。住宅のメンテナンスの中でも外壁と言うのは10年に一度、屋根に関しては8年に一度の割合でメンテナンスをしていく必要が有ると言われているのです。

尚、10年や8年と言うのはあくまでも目安であり、住宅が有る環境に応じて年数は変わるので注意が必要です。住宅の屋根や外壁と言うのは自然の猛威を常に受ける場所となります。

夏場ともなると、屋根の表面温度は80度を超す事も多いと言われており、それだけ劣化が起きやすい場所でもあるのです。太陽の紫外線による劣化、そして劣化が起きることで雨水が侵食し易くなり、建物内部に水気が入る事で湿気が起きることもあれば、建材を腐らせるなどの悪影響を及ぼす事になるのです。

住宅の屋根や外壁と言うのは、劣化する事で建物を守るための耐久性というものが低下する事になります。耐久性が低下したままにしておけば住宅そのものが駄目になってしまうわけです。

そこで必要となるのが塗装リフォームなのです。塗装リフォームと言うと、新築の装いに変わりますと言うキャッチフレーズを耳にする人も多いものですが、確かに塗装リフォームを行えば、新築の時と同じような見栄えが良い一戸建て住宅に生まれ変わるわけです。
しかし、目的は装いを綺麗にするだけではなく、建物を守ってくれる屋根や外壁を作り出す事に在るのです。
塗装工事では下地を作り上げた後に、下塗り、中塗り、そして上塗りと3回から4回の塗装を重ねることで塗料が膜を作ってくれます。
この膜が雨などを弾き飛ばす耐久性を持つものとなり、一戸建て住宅を自然の猛威から守ってくれるのです。