メインイメージ

ルールを柔軟に決定

ルールを柔軟に決められる合同会社の設立について

合同会社は会社法の改正によって新たに設立することが出来るようになった会社の形の一つです。最も一般的な選択肢である株式会社に比べると知名度の点で大きく劣りますが、その特徴的な仕組みを魅力に感じる経営者から支持を受けて設立数が増加傾向にあることが知られています。合同会社の大きな特徴は広く投資を募って会社を大きくして行くことが出来る株式の仕組みを徹底したルールによって管理する株式会社とは異なり、会社法に反しない内容であれば定款に定めることで柔軟に対応して行くことが出来るというルールを作ることが出来ると言う点にあります。この仕組みを活用することで経営者の権限が強い会社づくりも出来るのです。
例えば株式会社の場合には、出資者を募る場合には株式を発行して出資額を管理しなくてはなりません。そして保有している株式の数に比例して配当を出すことが義務付けられています。しかし合同会社の場合には出資の形は問いませんので資金での出資でも現物出資でも問題がありません。そして出資額に必ずしも対応した配当を出す必要もないのです。そのためその都度自由に配当額を決めて対応することが許されているのが合同会社の仕組みであると言えるでしょう。これは経営者にとっては自由度が高く魅力的な仕組みであると言えますが、投資に対する配当における透明性に欠ける側面があるため、広く投資を募るのには不向きであるという特徴があります。そのため経営者にとって魅力的な合同会社の仕組みも、広く投資を受け入れて株式の市場取引を導入して大きな会社にしていきたいという願いを持つのであれば株式会社の仕組みの方が望ましいというケースも少なくありません。この株式会社と合同会社の設立のどちらに魅力を感じるかについてはどのような企業を作っていきたいのかというプランに関連していると言えるでしょう。
もしも合同会社を設立したいと考えるのであれば、その方法は大きく分けて二種類が存在しています。すなわち自分で手続きをするか専門の業者に委託をするかです。いくら比較的簡単な手続きであるとは言っても、合同会社の設立は法的な設立登記の手続きになりますので大変な作業にはなります。その点経験豊富なプロの業者に任せることは非常に安心出来る選択肢であると言えるでしょう。電子定款を採用することで業者を利用する負担を軽減することも出来ますのでおすすめ出来る選択肢であると言えます。

バナー
バナー

アーカイブ