メインイメージ

会計処理

合同会社の会計処理について

会計処理合同会社は1円から会社設立ができる制度です。斬新なビジネスモデルや独自の営業ルートさえあれば誰でも会社設立ができる制度です。携帯電話のように1円から会社を持つことは可能ですが、会社を立ち上げてからは普通の法人ですので株式会社と同じ会計処理が必要になってきます。合同会社はあくまでも初期費用を安く会社を作るための制度であり、その後の会社経営は普通の法人と同じです。

会社設立は誰でも簡単にできますが、会社を維持するのは誰でもできるものではありません。気軽に会社が設立できるからと家計簿のような感覚で会社の会計処理を行うと1期目の申告で大変な思いをすることになります。会社はキャッシュフローが命です。eコマースサイトと同じで、いくら自分でいいと思うネットショップを立ち上げても、利益を生まなければ、ただの自己満足で終わってしまうものす。

自分で気に入ったデザインや動きのeコマースサイトを立ち上げたとしても、1円の利益も生まなければ、ただの自己満足で終わってしまいます。会社経営も全く同じです。自分で気に入ったビジネスモデルで会社を立ち上げ、自分で気に入った人材を集めても、利益が1円も上がらなければ、何も意味はありません。最近は、大学生でも授業で学んだ内容を実践するために、在学中に起業する学生も多くなってきています。授

業で学んでいるだけではなく、実際に起業して、自分の学んだことが正しいのかを実践するために起業を行い、事業がうまくいったら卒業後に本格的に取り組むという賢い選択ができるようになったのも合同会社により会社設立の敷居が低くなったらからだと思います。お金は会社の血液です。キャッシュフローが悪ければ会社の動きは悪くなります。合同会社が携帯電話のように1円から誰でも設立できるからといって、その後の会社運営の資金が無ければ何も意味はありません。

キャッシュフローが悪くお金の動きが悪くなれば、すぐに会社は病気になって潰れてしまいます。会社設立がすぐに簡単に誰でもできるからといって、会社を維持するのは大変なことを忘れないでください。会計処理は大変なことです。日々の営業活動を数字に残し日々反省の繰り返しは精神的に参ってくるものです。合同会社はあくまでも誰でもできる会社であって、運営自体は上場企業でも株式会社でも合同会社でも何も変わらない苦労が伴うものなのです。これから起業を考えている方は会計処理の重要性を認識して実践してください。

バナー
バナー

アーカイブ