メインイメージ

合同会社の資本金

合同会社の資本金について

合同会社の資本金は最低1円から可能です。合同会社の場合には会社を構成する社員全員が出資者であるため、社員が1人なら1円、二人なら2円から設立が可能です。とはいえ、現実的には、合同会社の資本金の金額は事業の半年分は必要と言われていますから、それ相応の金額は必要です。斬新なビジネスモデルさえあれば、誰でも事業を起こすことが可能な合同会社は、学生起業家を多く輩出しています。

大学在学中に合同会社を設立し卒業後は本格的にビジネスを展開する大学生が増えています。起業家の門を広く開放した合同会社制度は、今後ますます発展していくと思います。資本金が安く設立も簡単な会社設立制度の合同会社を設立するためには、出資者から振り込まれた預金通帳の記載やそれに付随する法務局が認める書類を提出する必要があります。会社設立にはいろいろな費用が掛かります。

人件費等の運営費用はもちろんですが、そもそも、会社を設立するのにはお金と労力が掛かります。事務所を設立するだけでも、賃料や設備費用がかかります。そして、採用活動にかかる求人広告費用、営業に入ってからの広報販促費等の運転資金に光熱費と、事業を営むためには多額の費用がかかるものです。会社を設立するのに、なるべく資金をかけたくないのは、どこの経営者でも同じことです。会社は設立や時間にお金をかけるものではありません。

会社を設立するのにお金や時間をかけることほど無意味なことはありません。会社は運営してお金を稼ぐ手段です。会社の設立に時間やお金をかけて運転資金がなくなるのは本末転倒です。こういうビジネスモデルならいけると事業計画を練ったら、すぐに会社を設立し実行に移さないと、今の世の中では通用しません。会社は設立することに意味があるものではありませn。運営して利益を追及し、事業を継続させることに意味があるものです。

会社を設立しても、利益が1円もなければ、それは無用の長物です。会社の設立にお金と時間をかけるのでしたら、会社の運営にお金と時間をかけたほうがよっぽどいいです。合同会社でも株式会社でも会社には違いありません。会社である以上は社員やアルバイトを雇用することができるのです。事業計画を行い、人手が必要なら、株式会社より設立費用を安く抑えることが可能です。設立費用を安く済ませれば、その分運転資金にまわせます。誰でも経営者になれる時代に求められて生まれた制度です。

バナー
バナー

アーカイブ