メインイメージ

合同会社のメリット

合同会社のメリットについて

合同会社のメリット合同会社のメリットはなんと言っても誰でも起業ができるところです。会社は設立することに意味があるものではありません。運営して利益を追及することに意味があります。会社はホームページと同じです。立ち上げることは誰でもできますが、売上を上げることは誰でもできるわけではありません。会社を設立し社員を雇用しても売上が上がらなければ単なる自己満足で終わります。

これはというビジネスモデルや独自の営業ルートを持っているのであれば、会社を設立して事業開始が誰でも可能になる制度が合同会社のメリットです。合同会社の制度を利用して大学在学中に事業を開始する大学生が増えています。授業で学んでいることを実世界で展開するために会社を設立し実証している学生が増えています。ホームページを立ち上げるように気軽に会社を設立できる合同会社の制度を利用して若くして成功者になっている若者は多いです。

会社は立ち上げることに意味があるわけではありません。会社を運営して利益を追及することに意味があるものです。お店と同じで会社を設立しても売上が上がらなければお金が出ていくだけで、そういう会社は無用の長物です。合同会社の制度を使えば、会社設立に費用と時間をかけずに、会社の運営に費用と時間をかけることが可能になっていきます。会社の運営には費用と労力がかかるものです。会社設立費用には、なるべくお金と時間はかけずに、その分、採用活動や広報販促活動に費用と労力をかけるべきです。

これはと思ったビジネスモデルや営業ルートさえあれば、誰でも気軽に会社を立ち上げられる合同会社の制度を利用して1億円を稼ぐ高校生も生まれてきています。新しい時代には新しい会社のスタイルが必要です。いくら優秀なビジネスモデルを持っていても、具現化するのに敷居が高くては具現化は不可能です。1円から会社を設立し、社員やアルバイトを雇用できる合同会社は、誰でも気軽に会社を経営できるのが最大のメリットなのです。

これからは、斬新なビジネスモデルや独自の営業ルートさえあれば、誰でも社長になれる時代です。逆に言えば、それだけ競争が激しくなるという意味でもあります。雇われで働くか雇う側で働くかを誰でも選択できるようにしたのが合同会社の制度です。もし、斬新なビジネスモデルや独自の営業ルートがあり、経営に自信があるのでしたら、会社経営に挑戦してみるのもいいかと思います。ある意味夢のある制度です。

バナー
バナー

アーカイブ