メインイメージ

間違いのない設立

間違いのない合同会社設立のために

会社法の改正に伴い新しく合同会社という会社の設立が可能になりました。会社法に反しない内容であれば定款に定めることでかなり柔軟な事業運営が行える仕組みであることが便利であると評判を呼んでおり、近年設立数が増加している傾向にあります。ごく一般的な事業内容の場合に選択することが出来る企業の形としては株式会社と合同会社が存在していますが、株式会社の仕組みをメリットと感じない場合には合同会社を作ることを考えた方が様々な点で便利であると言えるでしょう。例えば個人事業主が行っている事業などを法人化することで様々なメリットを受けたいと考えているのであれば株式会社を作って様々なルールの下で事業運営を行うよりも、自由に物事を決めることが出来る合同会社の方が便利であるというケースもあるのです。
なお、この様な合同会社を作ることはそれほど難しい手続きではありませんので独力で調べながら会社を作るための準備や申請を行うことも不可能ではありません。しかしこの様な作業を頻繁に行うと言うことはありませんので間違いのリスクは少なくないでしょう。会社の設立のためには様々な書類を作成して会社を作りたいと考えている地域を所轄している法務局に届出をしなくてはならないのですが、一旦届け出をしてから何かを変えたいと考えた場合には非常に面倒なことになると言えるでしょう。そのため間違いのない手続きを行うことが大切であるとともに、先々必要になってくると考えられる要素を最初の段階で盛り込んでおくことも望まれます。そのため実際に設立登記の手続きを行うのであれば経験豊富な司法書士等の専門家に委託した方が間違いが無いと言えるでしょう。
個人事業主の場合には自分一人で仕事をしているということが殆どですので、合同会社を設立をすることで様々な恩恵を受けたいと思いついたとしてもすぐに動くことが難しい場合もあるでしょう。その様な場合に会社を作る作業全般を委託することが出来るサービスが発達してきています。先述した司法書士はその様なサービスの専門家として非常に豊富なノウハウを持っていますし、最近では税理士も同じように法人の設立登記の代行サービスを行うようになってきています。法的な書類作成と税務上の管理等、専門性に若干の違いはあるものの経験豊富な専門家としてのメリットを十分に活用して間違いのない作業を行ってくれる点が非常に魅力的であると考えられています。

バナー
バナー

アーカイブ