メインイメージ

設立は比較的簡単

合同会社の設立は比較的簡単です

設立は比較的簡単何らかの事業を行う場合に法人設立を行うと言うのは非常に有効な手段であると言えます。ある程度の規模の事業になってくると税金の問題も無視できないものになってきますし、経営上の責任についても考えなければならなくなってきます。その様な段階において会社を設立すると言うことは様々な問題を解決するための選択肢として非常に優れた要素を持っているのです。そのためどのような事業であってもある程度の規模になってくると法人設立をすることによって会社を作るという道を歩むのが一般的であると言えます。その選択肢に大きなメリットがあるためにその様な道を選ぶのです。

一般的な事業を行っている場合、最も多く選ばれているのは株式会社と呼ばれる会社の形です。出資者は株式と呼ばれるものを購入することで出資し、配当は保有している株式の数に応じて行われます。非常に透明性の高いこの仕組みを維持するために株式会社を設立すると非常に多くの決まりに則って会社経営をしなくてはなりません。時と場合によってはこの仕組みが非常に窮屈であるように感じる場合があるのです。特に経営方針を決めるに当たって株主の意向を確認しなくてはならず、思い通りの経営が難しくなってしまうという点がリスクとして感じられる場合には注意が必要であると言えるでしょう。

その点近年になって設立可能になった合同会社にはこれまでにない多くの魅力があります。ごうごう会社は株式会社と同じように法務局に届出ることによって設立することが出来る会社であるという点は共通していますが、株式会社に比べて様々な点で簡単になっているのです。合同会社を設立する場合にも株式会社とほぼ同じ仕組みで設立登記を行うことになりますが、定款の作成が非常にシンプルであり、会社法に反した内容で無い限りは定款に定めることによって取り決めることが出来るのです。

その様な決定についても合同会社の場合には経営者の一存で決定することも可能です。出資者に対する配当に関しても株式の様な透明性の高い仕組みを必ずしも採用する必要がありません。定款に定めることで簡単に取り決めを作ることが出来る点が注目を集めている新しい会社の形なのです。この合同会社は広く投資を募って会社を大きくして行くには向かない仕組みであると言えますが、思い通りの経営を行うためには非常に柔軟に対応出来る会社の形として経営者の注目を集めているのです。合同会社とはその様な存在です。

バナー
バナー

アーカイブ